Loading...

パーマやカラーの後は…

本日は髪のケアについてのご案内になります

最近ではカラーやパーマの施術によるダメージを気にされている方が多くなってきています

サロンでの前処理のケアやその後のトリートメントなどもきちんとされているのに
カラーの色落ちが早かったり、手触りがごわついてしまったり、形状が変わってしまったりと感じたことがあると思います。

これは髪の毛に傷みがあるからとか元々の髪質だから…ということではないのです

原因は!

《残留アルカリ》

残留アルカリは薬剤の使用によって髪や頭皮に残るアルカリの物質のことです

その値を《PH値》と言います

1〜14の段階に分けられ、PH7を中世として、数字が低いと「酸性」
高いと「アルカリ性」となります

肌はPH値 5.5 ~ 6.5

髪はPH値 4.5 ~ 5.5

カラーやパーマをすると平均的にPH8~PH9のアルカリ域まで移動し膨潤し作用します

これを髪や肌が一番良い状態に戻してあげることで安定し色持ち、手触りなどを向上することができます。

髪や肌を弱酸性に戻すために当店ではアルカリ除去剤を使用しています

アルカリ除去をすることで髪やお肌の中のPH値を水に変えて弱酸性に戻すことで
カラーやパーマをする前と同じ髪の数値に戻していきます

これからも長くおしゃれを楽しんでいただくためのお手伝いをさせていただきます

Reservation

ご予約

WEB予約

24 hour

03-3961-7967

9:00-18:00

LINE予約